胃カメラ、大腸カメラ延期または中止について(重要)

今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に関して、消化器内視鏡診療の実施については、国・厚労省の方針や各施設の状況等を考慮した対応が求められていますが、日本消化器内視鏡学会より現在のCOVID-19の状況に鑑みた内視鏡診療について以下の様に提言がございました。

新型コロナウイルスの感染経路は飛沫感染、接触感染が基本であり、2019新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)も主な感染経路は同様であるとされています。消化器内視鏡の施行にあたっては、患者の咳嗽を誘発する場合もあり、エアロゾルによる医療従事者への感染も危惧されます。内視鏡検査室など密閉された空間で、高濃度の汚染されたエアロゾルに一定程度の時間曝露した場合には、エアロゾルによるウイルスの伝播が高頻度で起こりうると考えられます。

また、糞便からのウイルス排出の可能性も指摘されており、下部消化管内視鏡検査における潜在的な感染リスクもあり得るとされており、消化器内視鏡検査に関しては延期または中止を考慮するように述べられています。

上記を考慮し、大変申し訳ありませんが、しばらくの間胃内視鏡、大腸内視鏡は中止いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です