トップページ

ようこそ、近見医院のホームページへ。

  当院では、スタッフ一同「ていねいに、誠実に、高度な医療の提供」をモットーに日々診療を行っています。土曜日の午後も検査をいたしますので、検査を受けたいけど土日しか休みがとれない患者様はご相談ください。大腸カメラも可能です。そのほか各種人間ドック(胃カメラ、大腸カメラ、各種エコー等)も行っております

*7月から内視鏡を再開いたしました。

 *新型コロナウイルスの高感度抗体検査が実施できるようになりました。検査方法は採血です。熊本のクリニックではまだほとんど行われていませんが高精度で、98%以上(キットの2倍以上)という高確率で感染の既往がわかります。巨人軍の選手、大相撲の力士の全員検査で有名になりましたが、保険診療ではないため自費(5000円+消費税)になりますが、自費ですので制限はありません。まずお電話ください(PCR検査ではありません   *水曜日と日、祝日は休診です。           
午前9:00~13:00
午後14:00~18:00 ○(17時まで)

お知らせ

インフルエンザ予防接種始めました。

10月1日よりインフルエンザ予防接種開始いたしました。

本年はコロナウイルスとの同時流行の懸念もあり

ぜひ接種をお勧めします。

詳細はお電話でお尋ねください。

2020年10月5日

台風による休診について

9月7日は台風接近のため休診いたします。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします

2020年9月6日

新型コロナウイルスに目安の変更

厚生労働省は8日、新型コロナウイルス感染に関する相談・受診の目安について、「37.5度以上の発熱が4日以上続く」との表記を削除した新指針を公表した。

 息苦しさや強いだるさ、高熱のいずれかの症状などがあれば、保健所に設置された帰国者・接触者相談センターにすぐに相談することを求めました。

 従来の目安では、「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く」「強いだるさや息苦しさがある」のいずれかに該当する場合、同センターに相談するとした。しかし、「37.5度、4日」という数字の印象が強く、感染を疑われる人が相談・受診を過度に控えているとの指摘があった。また、目安に該当しないとして診察やPCR検査が受けられないケースもあったとされ、見直されたようです。

 新たな目安では、「息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある」「高齢者や基礎疾患がある人で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪症状がある」「比較的軽い風邪が続く」の3項目を設定。一つでも該当すればすぐに相談するよう呼び掛けた。味覚・嗅覚障害については、専門家間の合意がないとして明記しなかった。

 重症化しやすい高齢者らについて、従来は風邪の症状などが「2日程度続く場合」としていたが、新指針では、比較的軽い風邪の症状があればすぐに相談すべきだとした。高齢者らでなくても、比較的軽い風邪の症状が4日以上続く場合は必ず相談するよう求めました。 

2020年5月9日

オンライン診療について

初診でもお薬が出せるようになりました。

予約もいりません。

お車に乗ったままでも会計できます。院内に入る必要はありません

まずお電話ください。

2020年4月13日

熊本市集団検診胃内視鏡について

4月より熊本市集団検診が今までの透視と内視鏡が選べるようになります。内視鏡を選択される方はクリニック、もしくは病院での受診となりますのでお電話にてお問い合わせください。

2019年2月23日
› 続きを読む